【ひとりでいるのはそんなに寂しい?】森博嗣の孤独の価値を読んで思ったこと【food for thought】

【ひとりでいるのはそんなに寂しい?】森博嗣の孤独の価値を読んで思ったこと【food for thought】

はじめに

孤独の価値を読んで思ったことを書いていく。最初に断っておきたいのだけれど、これは書評ではない。森博嗣の【孤独の価値】を読んで僕が思ったことを、ただ単純に書くだけだ。読書感想文と思ってもらってもいいし、僕の勝手な意見とも思ってもらって構わない。
どうやら僕は本について書くことが苦手なようだ。だから書評というスタイルは放棄して、勝手に書かせてもらう。ただ本はfood for thought(考えるためのアイデア)として使わせてもらう。
僕は読んだ本の内容はすぐに忘れてしまう。だから自分でも気づかないうちに読んだ本のアイデアを借用していることがある。あるいは気づいていながらも、素知らぬ顔で借用していることもある。ご容赦頂きたい。

孤独の価値

 

ひとりでいるのは寂しいこと?

ひとりでいるのは寂しいことだろうか?それはどうして?そもそも、それはそんなに悪いことなのだろうか?
寂しさについてちょっと考えてみよう。

どんな時に人は孤独になるのか?

人は、どんな時に寂しさを感じるのだろうか?まわりに誰も人がいない時?それとも、周りに人がたくさんいるのに、誰も自分のことを気にもとめない時?僕は後者の方が寂しいと思う。
まわりに誰もいない時は、どちらかというとすがすがしい気分になる。ひとりで森の中を歩いたり、夜の静かな街を自転車で走ったり、だれもいなくて気持ちが良いと僕は思う。
飲み会でみんな楽しく話しているのに、自分は話題に着いて行けない。どこか居心地の悪いような感じがする。むしろそんな時に寂しい気持ちにはならないだろうか?
あるいは飲み会を存分に楽しんだとしても、解散したあと楽しさが急に去ってしまって寂しい気持ちになる。帰り道急にしんとした気持ちになって、現実に戻ったような気になる。自分を満たしていたものが急に失われて、少し寂しい気持ちになる。
なにもないことが寂しいのではなくて、あったものが失われるときに人は寂しさを感じる。こういう時に寂しさはやってくる。

つながること、つながりすぎること

テクノロジーの進歩のおかげで人と人のコミュニケーションの幅が広がった。また他人とコミュニケーションを取ることも手軽になった。
フェイスブックやツイッターやインスタグラムをはじめとするSNSで他人といともかんたんにコミュニケーションが取れる。
直接会ったことがない人とコミュニケーションを取ることも簡単だ。外国語を知っていれば、国を超えてコミュニケーションを取ることだって可能だ。今は誰とだって話ができる。
つながることが簡単になった一方、ひとりでいる時間が減った。ここで言うひとりの時間というのは、物理的・精神的にひとりの状態を指す。ネットにも繋がっていないし、まわりには自分しかいない。そういうひとりの状態だ。
暇さえあれば(暇がなくてもわざわざ)みんなまめにSNSをチェックしているのではないだろうか?
人によっては、まわりに友達がいてもずっとスマートフォンの画面を見続ける。目の前の人より画面の友達の方が大切なのだ。
この必要以上につながりを求める行為は、異常な状態だと思う。それはまるで空腹でもないのに、食事を取り続けているかのようだ。もはや味なんてわからない状態でも、なお食う。
それは孤独という隙間を恐れているからだ。隙間ができないようにつながりをたらふく詰め込む。

 

つながることは簡単だが断ち切るのはエネルギーが必要

人とつながること、これってなんて簡単な事だろう?札幌くらいの大きさの街でも、外に出れば人に会える。シャイと言われている日本人でも、夜の街に出ればいろんな人に会える。ビールを一杯飲む間に他人はトモダチに変わる。
すでに書いたがSNSを通して他人と関係を築くことも可能だ。

しかし断ち切ること、それはとても面倒。トモダチになるよりも大きなエネルギーが必要だ。

孤独は自由

別に一人になることを勧めているわけではないけれど、孤独や寂しさを知ることで、わかる人の温かみはあると思う。
ちょっと距離を取ることで、近づくことで、それぞれの視点で、それぞれの発見がある。
一人にも楽しいし、人といるのも楽しい、そう思えるのがちょうどいいと思う。少なくとも僕はそう思う。つながりを求め過ぎる現代社会、少し距離を取って、孤独の価値を考え直してみるのも悪くないのでは?

 

コメントを残す

― Sponsered ―