月別: 2017年8月

日本の就活は気持ち悪いから学生は好きにしたら良いよ

日本の就活は気持ち悪いから学生は好きにしたら良いよ

会社のデスクに座っていると、採用面接のやりとりが聞こえてきた。
面接に応募してきたのは学生だ。面接官は僕の知らない上司だ。
やりとりを聞いて、なんともむずがゆい気持ちになった。
なぜなら、僕がいまその面接官と面接したらまず間違いなく不採用になると思ったからだ。
その面接官の質問に、僕は頭のなかで答えを返そうとした。
あまりに抽象的な質問や、意味のわからない質問が山ほどあった。
僕は僕なりにその質問に答えることはできるだろう。
でも面接官が望むような答えは、おそらく僕からは出ない。

面接でよく問われる以下のような提携質問がある。
「あなたの強みはなんですか?」
「いままでの経験を話してください」
少しでも働いて経験を積んだ人ならある程度話せることを持っていると思う。
僕はいまなら、「僕はこういうことしてきました」、「こういうことなら結構うまく出来ますよ」というのは言うことができる。
しかし、ただただ学業に専念してきた学生には、少し大変だ。
僕が大学生の時には、この質問にはうまく答えることができなかった。
まわりと自分がどう違うのか、それすらもうまく掴めない。それゆえ差別化もできない。

ほかに面接官はこんな質問をした。
「社会人にとって大切なこととはなんだと思いますか?」
この質問に学生はうろたえた。
うんうん、うなり、苦しんだあげく、「あいさつをすることですかね?」と答えた。
すると面接官は強い口調で「それは人としてのあたりまえだろう!」と返した。
僕は軽く笑ってしまった。僕のまわりには、それがうまくできない人たちが大勢いた。
僕よりキャリアの長い人たち、「社会人」として何年も生きてきた人たち。その人たちの中に
あいさつが苦手な人達。そんな人達は大勢いた。
ただ大切なのは、その人たちは自分が得意なことをすると、結構すごい人たちだ。
だれにだって得手不得手はある。
平均的で面接官のステレオタイプにかなう人じゃないと、どうやら採用は大変なようだ。
意見の不一致に同意できる日本の会社の面接官はあんまりいないみたい。
特に会社が大きくなればなるほど。

さらに面接官は「一流の社会人とはなにかわかるかね?」と学生に聞いた。
この質問に学生はさらに窮する。
僕はさすがに、やれやれこれが老害か、と思わざるを得なかった。
そもそも社会人ってなんだろう?
どうやら学生は社会人ではないようだ。
主婦や主夫は社会人なのか?
金を稼げば社会人?
じゃあパートタイムの人は?
宝くじで億万長者になって仕事していない人は社会人?
株や印税で不労所得をしている人は社会人?
考えれば考えるほど意味不明な言葉だ。
おそらくはじめから意味の無い言葉なのだろう。
もし仮に社会人がビジネスマンであるのなら、答えは簡単だ。
より金を稼ぐ人。それが一流の社会人。
環境壊したり、人をできるだけ安く使ったり、もうとにかく利益がでればなんでもオッケー?
なんか違うと、僕は思う。

面接官はその後、長々と持論を展開した。少し陶酔しているような口調で。
僕は居酒屋で酔っぱらいのたわごとを聞いているような気分になった。
なにを言っているかよく分からない。

面接に来た学生はおそらく不採用になるだろう。
面接官は面接の最後に、学生に対し叱咤するようきつい言葉を並べた。
今日は落ち込んだに違いない。
面接ってもっと自然に出来るはずなのにどうしてこんな感じなんだろう。

僕はその学生に、自分の好きな生き方しても大丈夫だよと伝えたくなった。
その子には、その子なりの得意なことや好きなことがあるはずだし、それについてならもっとうまく話せたんと思う。
もっと自分にあった場所はどこかにある。それは見つかるまで探し続けて欲しいと思った。

この学生に限らず、もっとみんな自由に、自分の好きなようにやっていいと思う。
だれもやってないことやってもいい。
好きなことをしてもいい。
行きたいところにいけばいいし。
まわりの忠告なんか聞かなくていい。
とにかく自分で考えて、自分で決める。

だれが決めたのか知らないけど、新卒で会社に入って上を目指す!みたいのは古い考え方だと思う。
別に上なんか目指さなくてもいい。横に行ったり、別の場所に行ったって良い。
自分の好きなとこに行けば良い。

こんなこと言うと、「あれ?僕も老害かな?」と考えてしまう。
でもそれでもこういうことは伝えたい。

― Sponsered ―